展覧会「SPAGAT」写真、ドローイング、インスタレーション

金原明音とロール・カテュジエ

オープニング日時

2019年9月20日、19時

会期

2019年09月23日 - 2019年11月15日

会場

ベルリン日独センター

追加情報

月~木10時~17時、金10時~15時30分 、入場無料


 「SPAGAT」*と題した本展覧会では、二人のアーティスト ―― 金原明音とロール・カテュジエ ―― の作品が極めて繊細な次元で向き合います。ドローイングと写真、モノクロと白黒、ミニマリズムと極限までに抑えた簡潔さ。そっと静かな対話が繰り広げられる空間は、それぞれ異なったアプローチでありながらも、互いが呼応し合い、相通じるなにかを感じ取れます。その様子はまさに本展覧会のタイトルである「SPAGAT」をみごとに体現しているといえるでしょう。  また、両作家とも、ベルリン日独センターの空間を生かしたインスタレーションを手がけました。金原は、大ホールで時の経過を映したビデオ作品を制作し、カテュジエはアトリウムの窓ガラスに色のアクセントを施し、それが日射によってさまざま表情を見せます。 *英語のsplitにあたる言葉、直訳では「開脚」(ドイツ語)。比喩的に相反するもの、あるいは困難なことをやり遂げるときにもSpagatができた、というように使う。  

 「SPAGAT」*と題した本展覧会では、二人のアーティスト ―― 金原明音ロール・カテュジエ ―― の作品が極めて繊細な次元で向き合います。ドローイングと写真、モノクロと白黒、ミニマリズムと極限までに抑えた簡潔さ。そっと静かな対話が繰り広げられる空間は、それぞれ異なったアプローチでありながらも、互いが呼応し合い、相通じるなにかを感じ取れます。その様子はまさに本展覧会のタイトルである「SPAGAT」をみごとに体現しているといえるでしょう。

 また、両作家とも、ベルリン日独センターの空間を生かしたインスタレーションを手がけました。金原は、大ホールで時の経過を映したビデオ作品を制作し、カテュジエはアトリウムの窓ガラスに色のアクセントを施し、それが日射によってさまざま表情を見せます。

*英語のsplitにあたる言葉、直訳では「開脚」(ドイツ語)。比喩的に相反するもの、あるいは困難なことをやり遂げるときにもSpagatができた、というように使う。

 

オープニング日時

2019年9月20日、19時

会期

2019年09月23日 - 2019年11月15日

会場

ベルリン日独センター

追加情報

月~木10時~17時、金10時~15時30分 、入場無料


情報

ドローイング©金原明音、写真©ロール・カテュジエ

助成:シュテーグリッツ・ツェーレンドルフ区役所文化部

協力:WHITE WALL