echo +

ECHO+にようこそ!このBlogでは、最新のニュース、私たちのアイデアや考えを皆さまにお伝えし、JDZBの活動を紹介していきます。メディアセンターには、3ヵ月に一度定期刊行される機関誌echoも掲載しておりますので、ぜひご覧ください。

BUTTGEREIT at G-Fest2002
2022年07月01日
橋をわたる人
日本人ならゴジラを知らない人は一人もいないのではないでしょうか――昭和・平成シリーズどころかミレニアムシリーズも存在するのですから。ドイツでは1960年代から70年代にかけて日本のゴジラ映画が大ブームでしたが、今はハリウッド版のほうが知られています。今回の「リレー♥エッセイ」では、ベルリン日独センター元職員の藤野哲子さんが、ゴジラを愛してやまないドイツ人映画監督を紹介します。
Digitales Studentenprogramm
2022年05月24日
交流促進
派遣団A2研修テーマ「子どもと若者の貧困――課題と解決に向けた取り組み」 ドイツ派遣団報告 ガブリエーレ・レーナース(Gabriele LEHNERS、アマーランド郡市民大学、子ども・若者支援担当) ベンヤミン・ズルト(Benjamin SULT、青少年援助連合会、ソーシャルワーカー)
Miyazawa
2022年05月10日
橋をわたる人
今回は、ベルリン日独センター・ホルドグリューン所員(Dr. Phoebe Stella HOLDGRÜN)がベルリン日独センターの長年の協力者ヤン・グロテア先生(Dr. Jan GROTHEER)に依頼した寄稿文をお届けします。
2022年05月02日
事業
ベルリン日独センターは2022年5月11日から13日にかけて早稲田大学およびアレクサンダー・フォン・フンボルト・インターネット社会研究所(HIIG)と共同で日独会議「Artificial Intelligence and the Human – Cross-Cultural Perspectives on Science and Fiction」(人工知能とヒト――多文化的視点から見た科学とフィクション)を開催します。本紙はHIIG内の研究チーム「デジタル社会の発展」のトーマス=クリスティアン・ベッヒェレ代表(Dr. Thomas Christian Bächle)および東京大学国際高等研究所ニューロインテリジェンス国際研究機構の長井志江(Dr.)特任教授にお話を伺いました。
Aktuelle Ausstellung im Roten Rathaus
2022年04月14日
事業
今回はゲストライターの中村真人氏に、赤の市庁舎で開催中の展覧会と3月28日のオープニングの様子をブログでご紹介いただきます。
GS Team JDZB
2022年04月07日
アジェンダ
今年、センターは様々な取り組みを行っています。事務総長のユリア・ミュンヒがアクチュアルなテーマ、事業形態、事業オファーについて紹介します。
Gerhardt Wiesheu spricht bei der JDZB open Week
2022年04月05日
交流促進
ベルリン日独センターの評議会議長ゲアハルト・ヴィースホイ氏は今年2月12日に還暦を迎えました。福田康夫元首相からお祝いメッセージが寄せられ、ヴィースホイ氏の日独友好への貢献に称賛と期待の言葉をいただきました。
2022年02月02日
事業
人間を人間たらしめるものはコミュニケーション能力、すなわち意思疎通能力あるいは情報伝達能力です。とは言え、人間であればスムーズなコミュニケーションをとることができるとも限りません。コミュニケーションではさまざまな要因が絡み合い、そのひとつひとつが誤解を招くことにつながり得るのです。
2022年01月24日
橋をわたる人
今回の寄稿は「リレー♥エッセイ」といった軽い読み物ではありません。自ら日独交流において大きな功績を挙げられた神余隆博前駐独日本大使が外交官の視点から書かれた読み応えのある論説をお届けします。
2021年12月30日
アジェンダ
2021年はベルリン日独センターが戦略的再編するために必要な軌道修正をした変革の一年でした。ベルリン日独センター所員一同この一年を感謝の念で振り返り、新しい年をワクワクしつつも確固とした自信を持って迎えます。