ベルリン日独センター運営機関

画像

ベルリン日独センターはドイツ民法に基づく公益財団です。運営機関は全体理事会および評議会からなります。いずれも日独同人数の構成で、毎年ドイツと日本において交互に会合を開いています。両会の会合に先立ちベルリン日独センター予算にかかわる日独政府間協議が開催されます。

.

画像
gvs

 ベルリン日独センター全体理事会


 

総裁 中根 猛、日本国外務省科学技術協力担当大使
  元駐ドイツ日本国大使、東京
副総裁 ヴェルナー・パシャ(Prof. em. Dr.)
  デュースブルク・エッセン大学東アジア経済学部日本韓国講座、
    名誉教授
  デュースブルク・エッセン大学東アジアイノベーション先端科学
    研究所およびメルカトルビジネススクール、デュースブルク
事務総長 ユリア・ミュンヒ(Dr.)
副事務総長 清田とき子
その他の理事 ミヒャエル・ミュラー、ベルリン市長(ベルリン 州首相)
  ベルリン州首相府学術研究部門統括、ベルリン

柳 秀直 、駐ドイツ日本国大使、ベルリン

ミゲル・ベルガー、ドイツ連邦外務省事務次官、ベルリン

花田貴裕、日本国外務省欧州局中・東欧課長、東京

(2021年7月1日現在)

.

画像
Gerhardt Wiesheu

ベルリン日独センター評議会

 

議長 ゲルハルト・ヴィースホイ、パートナー
株式会社 B・メッツラー・ゼール・ゾーン& Co. ホールディング
  フランクフルト
副議長 森 雅彦 (Dr.-Ing.)、DMG森精機株式会社取締役社長、東京
日本側評議員

縣公一郎(Prof. Dr.)、早稲田大学政治経済学術院教授、東京

安西祐一郎、独立行政法人日本学術振興会顧問
  学術情報分析センター所長、東京

岩間陽子(Prof. Dr.)、政策研究大学院大学教授、東京

喜田哲弘、T&Dホールディングス顧問
  大同生命保険株式会社顧問、東京

前みち子(Prof. Dr. Dr. h.c.)
  デュッセルドルフ・ハインリッヒ・ハイネ大学現代日本研究所名誉教授

三好範英、読売新聞編集委員、東京

森 健良、日本国外務省事務次官、東京

大河原昭夫、公益財団法人日本国際交流センター理事長、東京

高橋陽子、公益社団法人日本フィランソロピー協会理事長、東京

武内紀子、株式会社コングレ代表取締役社長、東京

梅本和義、独立行政法人国際交流基金理事長、東京

ドイツ側評議員

ヨハネス・エーベルト
  ゲーテ・インスティテュート事務総長、ミュンヘン

ゲジーネ・フォリヤンティ=ヨースト(Prof. Dr.)
  ハレ・ヴィッテンベルク・マルティン・ルター大学
  政治学日本学科教授、ハレ(ザーレ)

ウーテ・クラマー(Prof. Dr.)
  デュースブルク・エッセン大学、「労働・資格」学部部長
  デュースブルク

イナ・レーペル、駐日ドイツ連邦共和国大使、東京

ゲルダ・モイヤー
  ドイチェ・ヴェレ(ドイツ国際放送)プログラム部長、
  ボン、ベルリン

ユリア・シュニッツラー
  シュトラースブルガーフィルター株式会社& Co. KG 社長
  ヴェストホーフェン

クラウス・ゼムリンガー(Prof. Dr.)
  ベルリン 技術経済大学前学長、ベルリン

ゲレオン・ジーヴァニッヒ(Prof.)
  マルティン・グロピウス・バウ前館長、ベルリン
  ベルリン首都文化基金代表、ベルリン

ザビーネ・シュトリッカ=ケレラ(Dr.)
  SSK ASIA法律事務所、ミュンヘン

マーグレト・ヴィンタマンテル(Prof. Dr.)
  ドイツ学術交流会前会長、ボン

トーマス・ヴィッティ、外国法事務弁護士、アーキス外国法共同事業
  法律事務所、外国法共同事業TMI総合法律事務所、東京

(2021年7月1日現在)