朗読&トークイベント「コンビニ人間」

開催日

2021年09月09日 - 19:00

会場

ベルリン日独センター

追加情報

入場無料、申し込み制


 2016年に芥川賞を受賞した村田沙耶香をお招きし、受賞作「コンビニ人間」の朗読とトークイベントを開催いたします。本作品は2018年3月にドイツ語版(ウルズラ・グレーフェ訳、Aufbau Verlag)も刊行された話題作。トリアー大学の日本学研究者、ロナルド・サラディン准教授 (Jun.-Prof. Dr.) の司会を通し、作品や作家活動などについてお話を伺います。なお、会場の聴衆からの質問も受けつけます。  本イベントは聴衆向けに日本語からドイツ語への逐次通訳はつきますが、ドイツ語から日本語への通訳はありませんのでご留意ください。  作品のあらすじ: コンビニバイト歴18年、彼氏なしの36歳である古倉恵子は、コンビニ内でなら店員として完璧に役割をこなすことができ、周りにも頼られるベテランな存在だ。しかし、コンビニを一歩外に出ると、たちまち非常識人とみなされ、どうふるまってよいかわからなくなる。そんなある日、婚活目的の新入り男性、白羽を利用することで彼女の暮らしに変化が訪れたように見えたが…。日本の社会的規範と生きづらさを描いた第155回芥川賞受賞作。  司会者略歴:トリアー大学日本学部のロナルド・サラディン准教授は日本の現代文学、ポップカルチャーやメディアを文学的・メディア学的・社会学的観点から研究。とくに日本社会におけるジェンダー構造、ライフスタイ...

 2016年に芥川賞を受賞した村田沙耶香をお招きし、受賞作「コンビニ人間」の朗読とトークイベントを開催いたします。本作品は2018年3月にドイツ語版(ウルズラ・グレーフェ訳、Aufbau Verlag)も刊行された話題作。トリアー大学の日本学研究者、ロナルド・サラディン准教授 (Jun.-Prof. Dr.) の司会を通し、作品や作家活動などについてお話を伺います。なお、会場の聴衆からの質問も受けつけます。
 本イベントは聴衆向けに日本語からドイツ語への逐次通訳はつきますが、ドイツ語から日本語への通訳はありませんのでご留意ください。

 作品のあらすじ: コンビニバイト歴18年、彼氏なしの36歳である古倉恵子は、コンビニ内でなら店員として完璧に役割をこなすことができ、周りにも頼られるベテランな存在だ。しかし、コンビニを一歩外に出ると、たちまち非常識人とみなされ、どうふるまってよいかわからなくなる。そんなある日、婚活目的の新入り男性、白羽を利用することで彼女の暮らしに変化が訪れたように見えたが…。日本の社会的規範と生きづらさを描いた第155回芥川賞受賞作。

 司会者略歴:トリアー大学日本学部のロナルド・サラディン准教授は日本の現代文学、ポップカルチャーやメディアを文学的・メディア学的・社会学的観点から研究。とくに日本社会におけるジェンダー構造、ライフスタイル、若者・サブカルチャーなどが専門。

お申し込みは8月30日(月)の9時~、下のリンクのみから承っております:
9月9日開催 村田沙耶香 朗読会&トークの申込み
 
本イベントはユーチューブにて生配信いたしますが、事前のお申込みが必要です。
9月9日開催、村田沙耶香 朗読会&トーク ライブ配信視聴のお申込み
 
本イベントは録画され、後日、JDZBのYouTubeチャンネルで公開されます。ご参加される方々は、本イベント開催時の録画に関し、ご自身の画像・映像が追ってベルリン日独センターの広報用媒体に掲載される可能性があることを予めお含みおきくださいますようお願い申し上げます。

画像
Logos of cooperation partners
会期

2021年09月09日 19:00

会場

ベルリン日独センター

追加情報

入場無料、申し込み制


情報

写真:Autorin © Takuya Sugiyama / Buchumschlag © Aufbau Verlag

共催:ケルン日本文化会館(国際交流基金)

協力 :Aufbau Verlag 出版社、ベルリン独日協会