Wahlplakate Japan

ベルリン日独センター「民主主義の未来」シリーズ

ドイツと日本における民主主義 ― 少子高齢化がもたらす課題

会期

2024年05月14日 - 2024年05月16日

会場

ベルリン日独センター/ ウェブ会場

自由民主主義は、高齢化という人口動態の変化がもたらす深刻な課題に直面しています。高齢者人口が増え続けていることに加え、高齢者層は投票率も高く、選挙で選ばれる政治家の多くはいわゆるシニア世代です。その結果、政党は高齢者層を優遇する政策に傾き、シニア世代が政策決定を大きな影響力を与えるようになります。これは、若年世代にとって何を意味するのでしょうか。若者人口が減少するなか、若者の声を政治に反映させるには何が求められるのでしょうか。

ベルリン日独センター「民主主義の未来」シリーズ第4回目となる本イベントでは、ベルリン日独センターとミュンヘンのルートヴィヒ・マクシミリアン大学が共同で、研究と実践の立場にある専門家をお迎えし、これらの問いについて日独の視点から対話を行う機会を設けます。
 

日程概要


5月14日(火)

講演とパネルディスカッション:ドイツと日本における民主主義 ― 少子高齢化がもたらす課題
公開シンポジウム「Liberal Democracies under Demographic Pressure: Insights from Germany and Japan(高齢化社会に揺れる自由民主主義 − ドイツと日本の実態)」のキックオフイベント

会議言語:日本語およびドイツ語(同時通訳付)
会場:ベルリン日独センター

16:00 - 18:30 プログラム
18:30 - 20:00 レセプション

> プログラム

参加をご希望の場合は、こちら からお申込ください。

 


5月15日(水)

非公開イベント、会議言語英語


 

5月16日(木)

パネルディスカッション(オンライン公開):現場の声
オンライン公開パネルディスカッション「Liberal Democracies under Demographic Pressure: Insights from Germany and Japan(高齢化社会に揺れる自由民主主義 − ドイツと日本の実態)」

本オンライン公開パネルディスカッション「現場の声」では、実際にこの問題に取り組む日独の若手活動家や若手政治家にご登壇いただきます。若者世代を代表する登壇者の皆様には、自らの意見や主張をより多くの人に届けるための働きかけや、またその過程で得た経験について詳しく伺います。

会議言語:日本語およびドイツ語(同時通訳付)
会場:ベルリン日独センターおよびウェブ会場(一般公開はウェブ会場のみ)

JST 16:30 - 18:00 / MESZ 9:30 - 11:00(開始時間の30分前よりウェブ会場へ受付開始)

> プログラム

参加のお申し込み:準備中


本イベントはドイツ研究振興協会(DFG)が支援するプロジェクト「Demography and Democracy: How Population Aging Alters Democracy – The Case of Japan(人口動態と民主主義:高齢化は民主主義をどう変えるか — 日本の場合)」(プロジェクト番号:510553228)の助成を受けて開催されます。

会期

2024年05月14日 - 2024年05月16日

会場

ベルリン日独センター/ ウェブ会場

情報

協力機関:ルートヴィヒ・マクシミリアン大学ミュンヘン 日本センター

画像 H Liu auf Unsplash